【特設注意市場】監理ポスト指定解除は買い?

【特設注意市場】監理ポスト指定解除は買い?

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

監理ポスト入り銘柄は、買ってもよいか

ボロ株・超低位株の中には、倒産寸前の企業がたくさんある。

 

倒産寸前企業というのは、倒産リスクがある企業のことで、「継続企業の前提の疑義」が記載された銘柄がそれだ。

 

この継続企業の前提の疑義というのは、連続で赤字が続いていたり、債務超過に陥っていたり、売り上げが急減してしまったりで、本当にいつ倒産してもビックリしないようなそんな経営状態の時に付く注意書きだ。

 

ただし疑義が付いても株の売買はできるし、管理銘柄指定にならない限り、上場廃止や倒産になるとは限らない。

 

たとえば増資をして債務超過を解消したり、優良会社と資本業務提携をしたり、赤字部門から撤退したりなどなど、打てる手はいろいろほどあったりする。

 

ただ、債務超過がなかったとしても、売り上げが急減して1億円以下になると、上場基準を満たさなくなり上場廃止になる。

 

この場合は、管理銘柄指定になり、1ヶ月後に上場廃止になってしまう。

 

会社として企業活動は続くのだが、株としては二束三文になってしまう。

 

一方、特設注意市場指定という、非常にわかりにくい指定もある。

 

特設注意市場指定というのは、有価証券報告書等の虚偽記載や、粉飾決算などの違反があって、上場廃止が検討されている銘柄のことだ。

 

粉飾決算が明らかになった東芝などが、この特設注意市場に指定されている。

 

特設注意市場に指定されると、1年後までに内部管理体制を見直して改善しなければならない。

 

そして改善が十分であると認められないと、猶予期間を経て上場廃止になる。

 



特設注意市場指定

特設注意市場銘柄(とくせつちゅういしじょうめいがら)有価証券報告書の虚偽記載や、監査報告書等の不適正意見、粉飾決算などがあった場合、上場廃止基準に抵触する。

 

しかしいきなり上場廃止にすると、企業側も投資家側も、多大な損害を被ることになる。

 

そのため一年の猶予期間を認め、その間に改善が認められたら、上場廃止を取りやめることができる。

 

こういう状態の銘柄が、特設注意市場銘柄だ。

 

特設注意市場に指定された銘柄は、特設注意市場で売買取引を行う。

 

そして指定から1年たったあと、「内部管理体制確認書」を提出して、それが十分に改善した時点で、特設注意市場銘柄指定解除になる。

 

一方、指定後1年6か月以内に、内部管理体制等について改善が認められなかった場合には、上場廃止となる。

 

管理銘柄(審理中)


スポンサードリンク

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第4位★週末トレード★週末たった1時間の銘柄選び!ワンWEEK副業投資プログラム>

★第5位★日経225ミニ爆益トレードDVD教材「ダブルファントムトレード」

★第6位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」全セット

★第7位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツール★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★中長期投資家必見!株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラーの隠し技 山本伸一の板読みトレードテクニック

日経平均頭打ち。帰ってきた山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★デイトレードの極み!勝率88.3%の株取引 朝株トレード手法

FX・先物で稼げ! 人気ノウハウ教材ランキング

★第1位★【スマプロFX】スマホ1台で年間7000pips!Smart Professional FX

★第2位★FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

★第3位★1億円を目指せるEAシステムツール!ジーニアス・ブレインFX

★第4位★次世代ツール Black AI・ストラテジー FXブラストFX

★第5位★【祝8,000名突破】FXで毎月70万円を稼ぐツール!ドラゴン・ストラテジーFX

このエントリーをはてなブックマークに追加