★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

テクニカル分析とは

騰がる株を見つける方法として、一般的な方法には、

  • ファンダメンタル分析
  • テクニカル分析
  • アノマリー
という3種類がある。

 

ファンダメンタル分析とは、企業の現在の状況(業績、財務諸表)や、競合相手との関係、業態の将来性などから、その企業の「本当の株価」を考える方法だ。

 

これは半年後や一年後の話ではなく、5年後とか10年後をイメージした、長期投資のスタンスで有効な方法だ。

 

確実に成長が見込める様な企業の場合、年金や生保などと言った大口機関投資家が、ファンダメンタル分析で株を買い入れる。

 

また配当利回りから、現在の株価が安いか高いか判断して売買する方法もある。

 

優良企業の株価が需給関係で下がると、相対的に配当利回りが高くなって、株を買う動機が生まれてくるので、下落傾向にあっても、配当利回りで買う人も増えてくる。

 

ただしこれは長期投資の場合であって、新興企業の様に、来年はどうなってるか分からない場合は、ファンダメンタル分析は、ほとんど役に立たない。

 

一方、株価の動きだけに注目する方法が、テクニカル分析と言うやり方だ。

 

テクニカル分析は、チャートと移動平均線、乖離率などのデータから、売買を判断する。

 

たとえば株価が直近の高値を上回ったから買い、だとか、逆に直近の安値を下回ったから売り、だとか。

 

過去5日間の出来高が、それ以前の出来高より増えたから、この株は買いだとか、などという方法もある。

 



新興株にテクニカル分析は役立つか?

株の売買の判断をする方法として、テクニカル分析というモノがある。

 

テクニカル分析とは、日足チャートや、移動平均線や、その他のデータを使って、株を買うタイミングや、売るタイミングを見極める方法だ。

 

テクニカル分析には、大きく分けて2種類の分析がある。

 

一つは現在のトレンドを読む方法

 

今、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか。

 

これが分かれば、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売り、と言う風に判断出来る。

 

「順張り」とか「トレンドフォロー」の方法で、トレンド系指標というモノを使う。

 

トレンド系指標(トレンドを確認する目安)としては、

  • 移動平均線の傾き
  • MACD(マック・ディー)
  • DMI(前日高値安値との比較)
  • ボリンジャーバンド
などがある。

 

もう一つは、トレンドの転換点や天底を見つける方法だ。

 

これはトレンドがそろそろ変わりそうだ、…というところを見つけて、そこで売買を行うための方法だ。

 

下落中の株で、そろそろ下げ止まりそうだから買う、上昇中の株で、そろそろ下げ始めそうだから売る。

 

あるいは「この株は買われすぎ」だとか、「この株は売られすぎ」だとかいう風に考え、移動平均線からの乖離で判断して売買する。

 

こういう売買の方法を「逆張り」というのだが、逆張りの目安として使われるのがオシレータ指標だ。

 

オシレータ指標としては、

  • ストキャスティクス
  • RSI
  • CCI・移動平均乖離率
  • RCI
  • サイコロジカルライン
などというモノがある。

 

ではこれらの指標が、新興株の売買に役立つのか?と言うと、トレンド系指標は多少役立ちそうだが、オシレータ系指標は、あまり役立たない

 

というのも、オシレータ系指標というのは、売買高が常に多い銘柄にしか役立たないからだ。

 

新興株は、株価が騰がったら人が集まるが、株価が下がったら、取引が閑散化してしまう。

 

新興株は、売られすぎだと言っても、買いが入ってくるわけではないのだ。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加