【新興株】テクニカル分析もほぼ役立たず

【新興株】テクニカル分析もほぼ役立たず

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

テクニカル分析とは

騰がる株を見つける方法として、一般的な方法には、

  • ファンダメンタル分析
  • テクニカル分析
  • アノマリー
という3種類がある。

 

ファンダメンタル分析とは、企業の現在の状況(業績、財務諸表)や、競合相手との関係、業態の将来性などから、その企業の「本当の株価」を考える方法だ。

 

これは半年後や一年後の話ではなく、5年後とか10年後をイメージした、長期投資のスタンスで有効な方法だ。

 

確実に成長が見込める様な企業の場合、年金や生保などと言った大口機関投資家が、ファンダメンタル分析で株を買い入れる。

 

また配当利回りから、現在の株価が安いか高いか判断して売買する方法もある。

 

優良企業の株価が需給関係で下がると、相対的に配当利回りが高くなって、株を買う動機が生まれてくるので、下落傾向にあっても、配当利回りで買う人も増えてくる。

 

ただしこれは長期投資の場合であって、新興企業の様に、来年はどうなってるか分からない場合は、ファンダメンタル分析は、ほとんど役に立たない。

 

一方、株価の動きだけに注目する方法が、テクニカル分析と言うやり方だ。

 

テクニカル分析は、チャートと移動平均線、乖離率などのデータから、売買を判断する。

 

たとえば株価が直近の高値を上回ったから買い、だとか、逆に直近の安値を下回ったから売り、だとか。

 

過去5日間の出来高が、それ以前の出来高より増えたから、この株は買いだとか、などという方法もある。

 



新興株にテクニカル分析は役立つか?

株の売買の判断をする方法として、テクニカル分析というモノがある。

 

テクニカル分析とは、日足チャートや、移動平均線や、その他のデータを使って、株を買うタイミングや、売るタイミングを見極める方法だ。

 

テクニカル分析には、大きく分けて2種類の分析がある。

 

一つは現在のトレンドを読む方法

 

今、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか。

 

これが分かれば、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売り、と言う風に判断出来る。

 

「順張り」とか「トレンドフォロー」の方法で、トレンド系指標というモノを使う。

 

トレンド系指標(トレンドを確認する目安)としては、

  • 移動平均線の傾き
  • MACD(マック・ディー)
  • DMI(前日高値安値との比較)
  • ボリンジャーバンド
などがある。

 

もう一つは、トレンドの転換点や天底を見つける方法だ。

 

これはトレンドがそろそろ変わりそうだ、…というところを見つけて、そこで売買を行うための方法だ。

 

下落中の株で、そろそろ下げ止まりそうだから買う、上昇中の株で、そろそろ下げ始めそうだから売る。

 

あるいは「この株は買われすぎ」だとか、「この株は売られすぎ」だとかいう風に考え、移動平均線からの乖離で判断して売買する。

 

こういう売買の方法を「逆張り」というのだが、逆張りの目安として使われるのがオシレータ指標だ。

 

オシレータ指標としては、

  • ストキャスティクス
  • RSI
  • CCI・移動平均乖離率
  • RCI
  • サイコロジカルライン
などというモノがある。

 

ではこれらの指標が、新興株の売買に役立つのか?と言うと、トレンド系指標は多少役立ちそうだが、オシレータ系指標は、あまり役立たない

 

というのも、オシレータ系指標というのは、売買高が常に多い銘柄にしか役立たないからだ。

 

新興株は、株価が騰がったら人が集まるが、株価が下がったら、取引が閑散化してしまう。

 

新興株は、売られすぎだと言っても、買いが入ってくるわけではないのだ。

 


スポンサードリンク

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第4位★週末トレード★週末たった1時間の銘柄選び!ワンWEEK副業投資プログラム>

★第5位★日経225ミニ爆益トレードDVD教材「ダブルファントムトレード」

★第6位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」全セット

★第7位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツール★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★中長期投資家必見!株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラーの隠し技 山本伸一の板読みトレードテクニック

日経平均頭打ち。帰ってきた山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★デイトレードの極み!勝率88.3%の株取引 朝株トレード手法

FX・先物で稼げ! 人気ノウハウ教材ランキング

★第1位★【スマプロFX】スマホ1台で年間7000pips!Smart Professional FX

★第2位★FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

★第3位★1億円を目指せるEAシステムツール!ジーニアス・ブレインFX

★第4位★次世代ツール Black AI・ストラテジー FXブラストFX

★第5位★【祝8,000名突破】FXで毎月70万円を稼ぐツール!ドラゴン・ストラテジーFX

このエントリーをはてなブックマークに追加

【新興株】テクニカル分析もほぼ役立たず関連ページ

新興株とは何か 時価総額と新興株
【新興株】バイオ関連株・IT・ゲーム
新興株の特徴 売買代金が少ない
インデックス取引 有力株をまとめて売買
東証マザーズ指数先物とは
先物主導相場を大きく動かす裁定取引とは
新興株の値動きが225銘柄と違うわけ
新興株は、日経平均の影響を受けにくい
【新興株】暴落時の追証売りに巻き込まれる
【新興株】ファンダメンタル分析は使えない
【図解】新興株の最重要指標は、出来高
【新興株・図解】イナゴ投資家が相場を作る
【昇格】市場変更申請銘柄は買いか売りか
【IPO・新興株】新規上場IPOとは
IPOディスカウント IPOが儲かる理由
【IPO】大型IPO、その後の株価は?
【IPO】ロックアップ解除に要注意
【バイオIPOの実際】ソレイジアの例
【IPO】オーバーアロットメントとは?
【IPO】冷やし玉とロックアップ解除
【IPO】大口の利確と手じまい売りで撤退
【IPOの実際】下げ止まり?底打ち?
【IPOの実際】グリーンペプタイドの例
【IPO】ソレイジア 底練りから反転、大幅高
【IPO】ソレイジア 売買代金ランク5位!
売買が過熱しすぎると、ロクな事が無い
新興株なのに日経平均に連動する理由
上場4週目 トランプ大統領が艦隊派遣で円高
ソレイジア5週目 謎の急騰と売買代金急増
酒田五法 新値八手十手とは