新規IPO ソレイジア(4597)の例。

新規IPO銘柄の株価は、どのように動くのか。

 

2017年3月24日に東証マザーズに上場した、ソレイジア(4597)の株価の動きを参考に見てみよう。

 

ソレイジアは、ガン治療の副作用を抑える薬を扱うバイオ関連企業だ。

 

ソレイジアは自社で薬を開発するのではなく、世界中のバイオベンチャーから有望な化合物を買いつけて、日本とアジアで販売するというビジネスモデルだ。

 

大株主には、中国ビジネスが得意な伊藤忠商事がついており、近い将来、アジアで大きな利益を見込めそうな企業だ。

 

さてこの新規上場のバイオ関連銘柄、ソレイジアの株価の動きはどうなるのか。

 

ソレイジアのIPO初日前の状況をまとめると、以下のようになっている。

 

ソレイジア IPO前日の状況 まとめ
公開株数 19,437,500株
公開価格 185円/株
吸収金額 3,595,937,500円
オーバーアロットメントによる売り出し 2,915,600株
公開後の総株式数 84,045,803株

 



ソレイジア、上場初日

ソレイジアの株価がどうなるか。

 

実際の状況を見る前に、事前情報をまとめておこう。

 

まずIPO銘柄は、売り出し前に新規上場企業が目論見書を提出して、各証券会社に買い手を見つけてもらう。

 

そして証券会社からの注文数から公開価格を決定して、上場日の一営業日前に新規公開株の受け渡しを行う。

 

ソレイジアの場合は、目論見書(もくろみしょ)で約30億円の資金調達を目指して募集をかけた結果、 公開価格は185円に決まり、約37億円超の資金調達になった。

 

これによって市場に公開された新規公開株は2,000万株弱。

 

さらにオーバーアロットメントによる売り出しが、その15%にあたる300万株弱。

 

つまり最大で、2,300万株弱が株式市場に出回ることになったわけだ。

 

こういう状況で迎えたIPO初日、初値は234円で始まった。

 

公募価格が185円だから、約50円ほど高値で売買が始まったわけだ。

 

初日の5分足チャートがこれだ。

 

新規IPO 上場初日の5分足チャートの例(ソレイジア 17/03/24金曜日)

ソレイジア 上場初日

 

初日は、売り注文累計は200万株前後で推移、買い注文累計は600万株前後で推移。

 

寄りつきの売りが止めば、株価上昇に転じる感じだったが、その通りになった。

 

初日は226円まで押した後、279円まで上昇し、結局272円で引けた。

 

出来高は約7,300万株で、公開株数+売り出し2,300万株のおよそ3倍になった。


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2