年初来安値から反騰、底練り完了か?

IPOの実際、ソレイジア(4597)の例の続き。

 

上場4日目に、最安値219円をつけた後、後場に買いが入りプラスで引けたソレイジア。

 

そろそろ底を打って反転かと臨んだ5日目は、10時前に早々とプラ転し、買いを集めたモノの、上場直後に揉み合っていた250円ゾーンで売りが増え始め、250円タッチで下落に転じた。

 

しかし大引け20分前の午後2時40分から大きな買い注文が連続で出て、カラ売りを踏み上げる形で16円高で終了した。

 

どうやらまだソレイジア、相場は終わっておらず、高値を目指している大口や仕手筋が蠢いているのがハッキリした。

 

ソレイジアの5分足チャート(上場5日目 17/03/30木曜日)

 

ソレイジア 上場6日目の値動き

上場6日目、前日の大引け20分前で、大口が買い集めていることが確認できたことで、果たしてどういう動きが出るのかが焦点だった。

 

株価は250円まで回復していたが、250円から270円のゾーンは初日・二日目に揉み合っていたゾーンで、大量の戻り売り・ヤレヤレ売りが出ることが予想された。

 

実際この日は、250円を超えると売りが出て、一日中、上値を抑えられる展開が続いた。
そのせいで5分足チャートも上ヒゲだらけ。

 

この日は日経平均が後場に大きく崩れ、大台の19,000円を割り込む展開だったが、ソレイジアは250円を大きく割り込むこともなく、4円安で終了した。

 

これは220円台の「底練り」が前日までで終わり、250円で保ち合いになったということで、週明けにはさらなる上昇が期待できる動きだった。

 

ソレイジアの5分足チャート(上場6日目 17/03/31金曜日)



ソレイジア、上場来高値更新して、なんとストップ高!

上場7日目のソレイジア、前日までに株価は初値の234円を奪回し、250円付近まで回復した。

 

ここから上は、初日と二日目に揉み合いになっていた250円から270円のゾーンに突入する。

 

前週の木曜日は、ジワジワと買いが入って上昇し、250円タッチしたあとに売りが増え、最後に大きな買いが続いて250円を奪回した。

 

金曜日は、250円を挟んで上がったり下がったり、揉み合いが続いた。

 

そのため、250円前後のシコリはかなりほぐれたが、初日と2日目は270円前後で揉み合っていた時間帯も長かったので、270円を上抜けできるかどうか。

 

さらに二日目につけた高値の285円に、どこまで迫れるかも、重要な視点だった。

 

一週間かけて揉み合った後、高値更新ともなれば、売りたい人はかなりの割合で売ってしまっただろうし、それ以上に買いたい人も多いということになるから、ここを上抜けるとほぼ青天井状態だ。

 

で、どうなったかというと、こうなった。

ソレイジアの5分足チャート(上場7日目 17/04/3月曜日)

 

この日の売買累計注文は、売り200万株、買い300万株くらいでスタートした。

 

買いが300万株以上あるのは初日以来で、明らかに買い意欲が強くなっていた。

 

底打ちと底練り完了で、トレンドが上昇に転換したという判断なんだろう。

 

そして前場は小高く始まった後、大きな売りが出ないのを確認するかのように、10時過ぎくらいから買いが入り始めた。

 

そして初日に揉み合っていた270円を挟んで、揉み合い商状になった。

 

さらに後場になると270円台で推移し、ソレイジア掲示板の関心は、上場来高値285円を更新できるかどうかに移っていった。

 

そして午後2時過ぎに大きな買いが連続し、あっさりと年初来高値を更新した後は、300円の大台も突破し、大引けにはついにストップ高まで上昇した。

 

これは凄いね。


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2