新規IPO ソレイジア、上場2日目

新規IPO銘柄、上場後の株価の動き。

 

2017年春に新規上場したバイオ株、ソレイジアの例。

 

初日は226円まで押した後、279円まで上昇し、結局272円で引けた。

 

出来高は約7,300万株で、公開株数+売り出し2,300万株のおよそ3倍になった。

 

公募株価は185円で、1.5倍のロックアップ解除価格は278円。

 

わずか一円だが、ロックアップ解除価格を超えた。

 

これが株価にどう影響するのかが、2日目の大きな焦点だった。

 

それを占う目安が、売買注文累計だ。

 

売りと買いで買い注文の方が多ければ、株価は下がりにくいだろうと予想できる。

 

逆に売り注文の方が多ければ、株価が大きく下がることが予想できる。

 

実際、初日の寄りつき後は、約200万株の売りに対し、買い注文累計は、およそ600万株ほどで推移した。

 

売り注文が初日より増えて、買い注文が初日より減っておれば、株価は上がりにくいと予想される。

 

そして実際、2日目の買い注文累計は、200万株ちょっとで、初日の600万株から大きく減っていた。

 

そして、株価は前日値を挟んで上がったり下がったりしていたが、後場になると買いの勢いが次第に衰えて、株価は急落した。

 

最後は売り注文累計が300万株を越えていた。

 

ソレイジアの5分足チャート(上場2日目 17/03/27月曜)



上場三日目のソレイジアは、売り爆弾が炸裂

上場三日目、新規IPO銘柄のソレイジア。

 

寄り付き前の売買累計注文は、買い優勢で、ギャップアップで始まった。

 

昨日の大引け前に大きく下げ過ぎたと見たのか、10円ほど高い始値がついた。

 

しかしこの日は、数十万株モノ大きな売りが度々出た。

 

一時間に一回くらいのペースでドカンと大きな売りが飛び出して、たびたび株価の上昇に冷や水をぶっかけた。

 

その結果、買いの勢いは10時過ぎから衰えはじめ、売り注文累計も300万株まで増えて、株価の上昇は見込めなくなった。

 

こういう数十万株単位の売りがドカドカ出ると、迂闊に買いには入れない。

 

買い上がっても大きな売りで売り潰され、たちまち含み損になってしまうからね。

 

さらに後場寄り直後にドデカい売りが出て、買い意欲を挫いた。

 

ソレイジアの株価が近いうちに上がりそうな予感はあるが、さすがに今日のところは逃げておいた方が無難だろう。

 

ということでこの日は結局、初日の安値の226円も割り込んで、初値割れになった。

 

期待のソレイジア、ここまでか?

 

ソレイジアの5分足チャート(上場3日目 17/03/28火曜日)


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加