先物主導相場を大きく動かす裁定取引とは

先物主導相場を大きく動かす裁定取引とは

★第1位★14日間無料★今すぐ儲かる銘柄はこれ!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第2位★1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授 株式投資錬金術てつやの株

★第3位★現役プロトレーダー相場師朗(あいばしろう)7step株式投資メソッド

裁定取引とは

裁定取引(アービトラージ)とは、先物と現物の利ざやをとる方法だ。

 

先物価格が騰がれば、先物を売って現物を買う。

 

逆に現物が騰がれば、現物を売って、先物を買う。

 

こういう「ペア取引」をすることによって、価格差の分だけ儲けることができる。

 

株式市場で裁定取引と言えば、基本的には日経225先物と、日経225インデックス(現物)で行われる。

 

225先物価格と、225インデックス(現物)とで、価格差が大きくなった場合に、高い方をカラ売りして、安い方を買えば、価格差分だけ利益になる。

 

先物と現物の価格差が開いたときに、こういうペア取引を行い、先物と現物の価格差がなくなった頃に、両方を反対売買するのだ。

 

たとえば日経平均先物が1万6,000円で、現物が1万5,500円だったとしたら、先物を売って、現物を買うと500円の利ざやになる。

 

ではなぜ、先物と現物に差が生じるのかというと、先物は、実際には株の売買をしないので、経済環境によって大きく騰がったり下がったりするが、インデックス取引というのは、個別株を実際に売買するので、動きが鈍い。

 

そのため、株式市場が開くやいなや、高い方が売られ、安い方が買われて、その差が縮まることが多い。

 

ところが相場が大きく動くときと言うのは、市場が開いた後も、先物がどんどん動いて、現物株がそれに追いつく展開になる。

 

たとえば現物が300円以上の大幅下落でも、先物がさらに下がっていく状態だと、現物もどんどん売られてさらに下がってしまうのだ。

 


スポンサードリンク

先物主導相場 先物主導の売りとは

日経平均が大きく下がるとき、「先物主導の売り」などと言われる場合がある。

 

先物主導の売りというのは、日経平均先物が大幅下落し、それに引きずられる形で現物株が売られるという商状だ。

 

先物は経済環境によって、激しくしかも大きく動くので、それに引きずられる様に、現物株も売られてしまう。

 

さらに現物株が下がるにつれて、先物がさらに売られてしまう。

 

通常なら、先物を売ったら、現物を買ってさや取りをするので、先物と現物の価格差が縮まるのだが、先物が外部環境で売られているときは、下落競争になってしまう。

 

というのもこういう場合は、現物株を持っている機関投資家が、下落ヘッジのために先物を売っているからだ。

 

機関投資家は、数百億円とか、数千万円単位の資金を運用している。

 

彼らは日経平均に採用される様な、時価総額のでかい銘柄ばかり持っているので、株が下がったからと言って、そう簡単に株を売るというわけにもいかない。

 

高値で買った株は売るかも知れないが、安く仕入れた株は売らずに取っておく。

 

配当金目当ての場合も多いしね。

 

そのため、日経平均株価が大きく下がったら、保有株を売る代わりに日経225先物を売って、下落分を補おうとする

 

その結果、先物がどんどん売られて、現物株も売られて、さらに先物が売られて、現物株も売られて、大暴落になるわけだ。

 

この場合は裁定取引とは言わず、ヘッジと言うわけだが、売りと買いを同時に持っているところは同じだ。

 


スポンサードリンク

株式投資ノウハウ人気ランキング

★第1位★14日間無料★今すぐ儲かる銘柄はこれ!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第2位★1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授 株式投資錬金術てつやの株

★第3位★現役プロトレーダー相場師朗(あいばしろう)7step株式投資メソッド

★第4位★2倍3倍株は、こうして見つけろ紫垣・株リッチプロジェクト

★第5位★これ以上負けたくない〜銘柄選び不要日経225で稼ぐFURAIBO225

★第6位★渋谷高雄の株式投資の集大成渋谷高雄株式投資大百科

★第7位★低位株・新興株で儲けるテクニックはこれだ!5日株トレード法

★第8位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第9位★10年間年収2億円以上、神王リョウの株式投資スクール

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★証券ディーラーの隠し技 山本伸一の板読みトレードテクニック

日経平均頭打ち。帰ってきた山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★デイトレードの極み!勝率88.3%の株取引 朝株トレード手法

★中長期投資家必見!株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

FX・先物で稼げ! 人気ノウハウ教材ランキング

★第1位★FXで毎月70万円を稼ぐツール!ドラゴン・ストラテジーFX

★第2位★ぷーさん式トレンドフォロー手法FXトレードマニュアル輝

★第3位★勝率70%〜80%ネクストバイナリーアカデミー

★第4位★FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ恋スキャFXビクトリー

★第5位★日経225先物で稼ぐ菅原式日経225先物デイトレード塾

このエントリーをはてなブックマークに追加

先物主導相場を大きく動かす裁定取引とは関連ページ

新興株とは何か 時価総額と新興株
【新興株】バイオ関連株・IT・ゲーム
新興株の特徴 売買代金が少ない
インデックス取引 有力株をまとめて売買
東証マザーズ指数先物とは
新興株の値動きが225銘柄と違うわけ
新興株は、日経平均の影響を受けにくい
【新興株】暴落時の追証売りに巻き込まれる
【新興株】ファンダメンタル分析は使えない
【新興株】テクニカル分析もほぼ役立たず
【図解】新興株の最重要指標は、出来高
【新興株・図解】イナゴ投資家が相場を作る
【昇格】市場変更申請銘柄は買いか売りか
【IPO・新興株】新規上場IPOとは
IPOディスカウント IPOが儲かる理由
【IPO】大型IPO、その後の株価は?
【IPO】ロックアップ解除に要注意
【バイオIPOの実際】ソレイジアの例
【IPO】オーバーアロットメントとは?
【IPO】冷やし玉とロックアップ解除
【IPO】大口の利確と手じまい売りで撤退
【IPOの実際】下げ止まり?底打ち?
【IPOの実際】グリーンペプタイドの例
【IPO】ソレイジア 底練りから反転、大幅高
【IPO】ソレイジア 売買代金ランク5位!
売買が過熱しすぎると、ロクな事が無い
新興株なのに日経平均に連動する理由
上場4週目 トランプ大統領が艦隊派遣で円高
ソレイジア5週目 謎の急騰と売買代金急増
新値八手十手